-->

生理中の経血が多い方

2012年03月29日(木) 

生理のバランスを崩されていて、生理中の下血が多い方が、沢山いらっしゃいますが、
空気パンツとナプキンを変えられることで、変化される方も多くいらっしゃいます。
生理やおりものの量も減り、匂いもなくなるという体験をされる方が沢山いらっしゃいます。

ゴムでウエストを締めつけていることで、卵巣に影響を与えていて
生理痛、生理不順、冷えなどの原因を作っています。

生理中に、生理パンツで締めつけていることでも生理に影響を与え、
生理痛の原因になっている場合もあります。

生理中も空気パンツと布ナプキンをお勧めします。
そうすることで、身体の働きが元に戻ってき、生理の状態が変わっていきます。

自然に月経血コントロール(トイレで血が出せるので、普段や夜に血が出ない。)が可能になる方もいらっしゃいます。
ケミカルの使い捨てナプキンを使うことで、性器の感覚がマヒして、血が出ている感覚がわかりませんが、布ナプキンに変えてあげることで、感覚がもどり、少し血がもれるとわかるので、トイレに行って、腹圧をかけると、トイレで溜まった血をおしっこと一緒に出すことができます。
ただ、やはりそのタイミングでトイレにいかないと、溜まった分がナプキンの上に漏れます。

また、予め定期的(1時間半おきなど)にトイレに行くようにしておくと良いと思います。

血の塊は、使い捨てナプキンを使っていると、一回の生理の血が全部出ないで、次の生理のときに、固まってでてきていると思われます。
布ナプキンに変えられると、毎回全部きれいに血がでて、残らないので、いつも鮮血でサラサラの血になり、塊は無くなり、生理は満月か新月に定期的にくるようになります。

また使い捨てナプキンは身体を冷やしているのと、血液がナプキンに吸収され化学物質と混じり、また、膣の粘膜を通して経皮吸収され、女性系の病気の元を作っています。

皆さんの経験をお聞きしていると、ケミカルのおりものシートも使うほど、おりものの量が増えたり匂いの元になっているようです。
膣から出た粘液とシートの化学物質が混じり、膣から経皮吸収されると、身体に有害な結果を招く元になるでしょう。
更に、化繊の生地が帯電してゴミを吸い寄せやすく、ゴムで締めて通気性も悪いため、湿ったままの環境を作りやすく、不衛生で炎症などを起こしやすい環境を助長しています。匂いも量も異常になるのは、あたりまえですよね。また、生理中に湿疹ができたり、痒みがある方も沢山みえます。空気パンツに布ナプキンにしてみてね!

PAGE TOP

お客様の声

ブログ

カートを見る